貯金ができないのにはワケがある!お金が貯まる習慣とは?

先日よーいドンサタデーの中のやすよともこの「すっきり♪お悩みウーマン」のコーナーで「貯金ができないのにはワケがある!お金が貯まる財テク!」と題して元大手銀行職員の菅井敏之さんがお金が貯まる習慣について〇×のクイズ形式で出題していました。

スポンサーリンク

FP資格持ちの私が共感したお金が貯まる習慣

ホイホイと見ていたら全問正解できたので、さすがに私って一応FPの資格を持っているだけあるなと自分のことをちょっと見直したので、復習がてら覚えている分だけですが共有してみようと思います。(FPとはいえ資格だけのペーパーFPなのでプロ意識は無いです。)

お金をおろすのは月に1回まとめて?その都度?

  1. 1か月分の生活費として使う現金をまとめて銀行から引き出す
  2. 大金を持つと気が大きくなって使いすぎるし、不安なので少額ずつ使う分だけ引き出す

正解は A

そもそもAの考えの人は既に1月にどれくらいの現金が必要なのか把握できています。
Bの様にその都度引き出していると総額がわかりにくいので知らず知らずのうちに使いすぎてしまいます。

Aの場合大金をすべて財布に入れるのではなく、1週間ごとに分けておいて、その週の予算分のみ財布に入れておくようにするとさらに使いすぎが防げます。

私もこの方法を実行していて、おろすお金は一定にしておいて、余ったらその分を引いた額を次の月は引き出すようにしていました。引き出すお金が少ない=貯金ができてるなので引き出す金額が少ないとシメシメと思っていました。

友人はさらにしっかりしていて、残ったお金は別の貯蓄用の口座に入金して、毎月同じ額をおろすという方法でした。えらいです。

現在は私はほぼ現金は使わないので、年に3回くらいしか銀行に行かなくなってしまいました。現金を使わないのって慣れると快適です。

電子マネーやクレジットカードを使って、なるべく現金を使わないようにしてます。小銭が面倒という理由だけで始めましたがとっても便利で、私のようなずぼらなタイプには現金なし生活が向いているようです。

退職金はすかさず運用?しばらく放置?

  1. 運用は早くすればするほど長い期間運用できるので、退職金を貰ったらすぐに運用をする
  2. 退職金をもらってもとりあえずしばらく放置する

正解は 

一般的な金銭感覚の人にとって退職金は人生でもまれにみる大金を手に入れる機会です。
たいていの場合は大金に舞い上がってしまってよく勉強もせずに株式などリスクのある運用を始めるのは失敗のもとです。
とりあえずしばらく銀行にでも預けて放置して頭を冷やして、その間にじっくりとどうすべきか考えた方がいいでしょう。

実際じっくり考えて、将来のライフプランを考慮すれば無理な運用は必要が無い場合も多いものです。

年金の貰える時期、金額、現在の貯蓄、これからの支出の予定など長いスパンでライフプランを組み立てたうえで、多少でもリスクを取るべきか、ただ貯蓄しておくだけにするべきかなどよく考えてから行動しましょう。

家計簿は詳細につける?ざっくりとつける?

  1. 買い物のたびにレシートの金額を費目ごとに細かくつける
  2. 1か月に一回費目ごとにまとめてつける

正解は B

家計簿を細かくつけることにあまり意味はありません。
ひと月ごとに費目ごとの一覧でつけて、例えば見開き2ページで1年分が一覧で見られるようにすれば、月ごとの支出の推移が一目でわかります。
また、必ず最終行には収入と支出の収支を書き入れて、収支の推移も確認しましょう。
赤字の月があっても次の月でカバーできているかなどがよくわかります。

家計簿で大事なのは付けた後にしっかりと内容を検証して、問題点をみつけて、さらに解決することです。
毎日細かくつけると達成感はあるかもしれませんが、収支の月ごとの推移がわかりにくく家計簿をきちんとつけたことのみに満足しがちです。労力の割には報われないので、もっとざっくりで良いです。

マネーフォワードなどのスマホアプリならほとんど自動でつけられますのでアプリを活用しても良いですよ。

普段、電子マネーを使っているためほとんど現金を使っていないので、銀行の明細とクレジットカードの明細を確認するだけで、だいたいの家計の...

妻の習い事と子供の習い事どっちを優先する?

  1. 妻が将来のキャリアップも見越して習い事する
  2. 子供の教育費を最優先にするべきなので、妻は習い事はしない

正解は A

人への投資として子供にばかり偏るべきではない。妻が資格などを取得して、将来的に家計に入るお金が増えるのなら妻の勉強にも投資をすべき。

ということなんですが、正解はAであろうとは思いましたが、この質問だけちょっと疑問もありましたね。

だって例として妻が習いたいって言った習い事がお友達と一緒にカラーセラピー講座10万円いいわよね!だったんで。
もうちょっと現実味のある投資が良くないか?いえ、カラーセラピーが悪いわけじゃないけど、それを勉強した先は自宅でのサロン経営なんかになるので、結構な商才が必要だと思うんですよ。回収できるのか?ちょっと疑問。
それと今はとんでもない人手不足です。時間の余裕があるならすぐに働けばいいのでは?

そもそものテレビの中での家族関係が夫=1馬力でお金稼ぐ、妻=結婚以来ずっと専業主婦っていう前提なんで、こんな感じなんでしょうか。妻=がんばって勉強しないと社会に出られないって決めつけに感じましたね。

それと、知人に聞いた話ですが、夫との離婚を密かに決意した妻が、看護学校に通って資格を取って、仕事ができるようになった途端に離婚したっていう例もありましたので、夫婦仲が悪い家庭はそういうこともあるかもね。

支払いは現金?クレジットカード?

  1. クレジットカードで支払い
  2. 現金で支払い

正解は A

未だにクレジットカードは怖いなんて言っている人もいますが、支払った履歴がしっかりと残るクレジットカードのほうがきちんと支払った結果を検証できます。

おまけ程度ですがポイントも貯まりますしね(ポイント目当てでカードを持つと無駄遣いが増えるので、あくまでもポイントはおまけと思ったほうが良いですよ)

3回以上の分割払いやリボ払いを絶対にしないのならむしろ大金を持ち歩かなくてよいので現金より安全です。

クレジットカードが打ち出の小槌ではないことだけを理解していれば大丈夫です。
分割をしなければ翌月には口座から落とされるので、そんなに使えません。
こちらもマネーフォワードに登録しておけば、使った時点で家計簿に記入されるので、使いすぎなんて怖くてできませんよ。

まとめ

お金をためるコツはなんといっても現状の正確な把握です。

毎月いくら家計に入ってきて、どれだけ出ていくのかが理解できていれば自然と無駄遣いは無くなります。

まずはきちんと収支を洗い出してみて、お金が足りないのであれば、収入を増やすか支出を減らすかのどちらかです。

お金が無いと言っている人を見ていると、私から見ればそれは使いすぎでは?と思う行動の人が多いです。身の丈に合った暮らしをすることも大事ですよ。もちろんいつでも収入を増やすアイデアを考えることも大事ですけどね。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク