ihana誕生号の付録russet(ラシット)3ポケットバッグインバッグ

先日サマンサタバサのセールで買ったバッグが全くポケットが無いです。

今日は大阪の梅田のクリスタルホールで開催された、サマンサタバサのスペシャルプレミアムセールに行ってきました。 サマンサタバサ スペシャルプ...

買ったときからわかってはいたもののやっぱりちょっと不便です。

バッグインバッグを使おうかなぁと思っていたところちょうどテレビのCMで宝島社のihanaという雑誌にラシットのバッグインバッグが付録で着くと宣伝していたので、買ってみました。

CMでちらっと見ただけだったので、普通に雑誌だと思ったらムック本でした。

スポンサーリンク

ihana付録のラシットバッグインバッグの詳細

1280円(税抜き)とちょっとお値段高めなので、躊躇しましたが、雑誌プラスバッグならまぁしょうがないかと思って買ってみました。

裏返すとこんな感じで段ボールに包まれた状態で入っています。

こんな感じのバッグです。

付録の割には結構しっかりした生地でペラペラではありません。

中身を入れてなくてもちゃんと自立します。

サイズは横23cm×奥行8cm×高さ15cmくらいです。

中はこんな感じです。裏生地もちゃんとついてます。上部にスナップもあります。

両側はファスナーになっていてどちらも開きます。

持ち手のカシメ(金具)にはrussetのロゴが入っています。

荷物を入れてみました。

  • 長財布
  • スマホ
  • diary(B6サイズ)
  • カードケース
  • 折り畳み傘
  • ペン

余裕でこれだけ入ります。

さらにファスナーありのポケット部分にも細かいものも入りそうです。

バッグに入れてみました。

バッグインバッグ+ポーチで鞄の中がだいぶすっきりしました。

欲を言えばファスナー無しの小さなポケットもあると良かったな。バッグインバッグは素早く中身を取り出したいので、ファスナーのあるポケットだけではちょっと使いにくいです。

肝心の雑誌の方ですが、きれいな写真の雑誌ですが、それほど内容は濃くないです。

わりと好きなテイストのファッションなので、(コンサバ過ぎない、カジュアル過ぎない、ガーリー過ぎない)また機会があれば買うかな?

店頭では品切れが多いけど宝島STOREでは発売中

この間知ったのでいまさら買ったのですが、ihanaは3月24日に発売されていたようで、書店でももう残り僅かでした。

amazonでも現在売っているものはプレミア価格になっています。

でも、宝島社のオンラインストアでは現在も発売中なので、今から買う人はこちらが良いですよ。

【本商品は宝島社公式通販商品です】 ※送料について詳細はこちら ※宝島社公式通販商品はこちら アイテム紹介 40代の自分のスタイルを持つ、凛とした、でもどこかに可愛らしさのある女性。 そんな女性をターゲットにした、ファッションムックが登場しました。 付録にはラシットのモノグラム3...

まとめ

ラシットってもともとはちょっとかわいいなぁと思っていたんですが、以前やたらとバッグを雑誌の付録でつけて、ブランド価値を落としていたのでちょっと敬遠してました。(おしゃれでない人が持つイメージがついてしまった)

最近はちょっと落ち着いてきましたけど、バッグブランドがバッグを付録でつけちゃダメでしょと思うんですがねぇ。良く知らない人が見たら、付録のペラペラバッグを商品と思って安物認定されると思うんだけど。

今回はバッグインバッグなのでちょっと興味を持って買ってみました。やっぱりこの柄とかデザインの感じとか良いと思うので、安売りしないで頑張ってほしいブランドです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク