スタバの新作ナッティ アーモンド ミルク ラテを飲んできました

スタバの期間限定フラペチーノ「アーモンド ミルク & グラノラ フラペチーノ®」を飲もうかとスタバに行ってきたんですが、昨日はあまりに寒くてフラペチーノは無理!ということで、同じく2017年10月2日から発売された「ナッティ アーモンド ミルク ラテ」のホットを飲んできました。

スポンサーリンク

ナッティ アーモンド ミルク ラテとは

2017年10月2日より発売のアーモンドミルクを使ったラテです。

アーモンドミルクの風味豊かな新しい味わい

香ばしいアーモンドの風味とエスプレッソが織り成す、ほんのりバニラが香る優しい味わいのラテ。

引用元:Starbucks

ありがたいことに、ホットとアイスの両方が用意されているので、このところの日替わりで暑かったり寒かったりする天気にぴったり。

昨日はすごく寒かったので、ホットで頂きました。

アーモンドミルクラテを飲んでみた感想

これ、すごく好みです。私はあまり甘すぎる飲み物は好きではなのですが、アーモンドミルクラテはほんのりとした甘みで、しっかりとエスプレッソの香りも楽しめるラテでした。

タリーズのハニーミルクラテが好きなのですが、あれほどこってりしてなくて、もっとあっさりしているのでよりこちらの方が好みでした。

私はストレートのコーヒーを飲むのが苦手なのですが(コーヒーの香りは好きだけど、体質に合わない)コーヒーの香りは楽しめつつ苦みは少ないのであまりコーヒーが得意でない人でも楽しめるんじゃないかな?と思います。

私はコーヒーがちょっと苦手です。 カフェラテとかのミルクたっぷりのものはわりと大丈夫なのですが、ストレートで飲むと夜になると体...

ナッティとあるのはトッピングに、アーモンド、オーツ麦、カカオニブ、砂糖、ドライオレンジピールを使っているかららしいですが、昨日飲んだ感じでは写真の通りちょっとツブツブしているものがのっていますが、あまりナッティ感は無かったです。ここに関しては店員さんのさじ加減かも?

お値段は

  • Short  ¥400
  • Tall   ¥440
  • Grande ¥480
  • Venti® ¥520

販売期間は2017年10月2日~2018年3月31日までとこの冬はずっと販売されます。

Starbucks rewardのポイントは端数も切り捨てられない

今回アプリを見て確認したのですが、Starbucks rewardってちゃんと端数も計算してくれんですね。

今回トールを頼んだので440円 なので50円ごと1Starなので8Starsでは無く8.7Starsになってました。なぜ8.8Starsでないのかは謎ですが。。

でもポイントカードで端数までポイントをくれるサービスってあまり無いのでちょっとうれしいです。(他のカードって200で1ポイントとかなので、結構端数で切り捨てられてますよね)

まとめ

とっても気に入ったので、期間中にまた飲みに行きます。今度はアイスも良いかも、キャラメルソースのトッピングも合いそう。

Catch the Magic Starsも現在2回目の受付中なので第2回(2017年10月4日(水)5:01am~2017年10月18日(水)5:00am)期間中にもう一回くらい行こうかな?

スターバックスコーヒーのポイント制度が始まりました。ポイントの集め方や特典内容、新しくなったスタバ公式アプリについてまとめました。

キャラメルソーストッピングにカスタマイズしてみました

2017年10月14日追記

ナッティアーモンドミルクラテが気に入ったので、また後日頼んでみました。今度はキャラメルソースをトッピング(0円!)にカスタマイズして、ショートサイズで飲んでみました。

キャラメルソーストッピングは合います。問題ないです。

それよりショートサイズにしたことでの味の変化の方が大きかったです。

スタバのラテ系ドリンクはショートでもトールでもエスプレッソの量が同じなので、容量の小さいショートサイズの方が当然エスプレッソの濃度が濃くなります。

そのため先日飲んだトールサイズよりかなりコーヒーの香りが高くなり、苦みも増しました。

コーヒーの香りを楽しみたいならショートサイズの方が良いですが、アーモンドミルクラテはミルクの風味を楽しみたいので、自分としては断然トールサイズのほうが好みでした

ただし、ショートサイズにした方がナッティ感は感じられましたけどね!たぶんナッツの量もショートとトールで同じくらいしか乗せていないためと思われます。

私の嚥下力が弱いのか、ナッツがあまりにも粉っぽ過ぎるのか、毎回最後の方に残ったナッツがのどに引っかかってむせます。できればナッツはもう少し大ぶりの方がむせないように思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク