家族間の連絡にMicrosoft Teamsを使い始めました

3月の初めからテレワークに入り、もう2か月。来月もテレワークが決定したのでおこもり生活はまだまだ続きます。そんな中実家からヘルプ依頼がありました。

スポンサーリンク

テレビ取材もテレワークの時代

実は先日実家の母にテレビ局から取材の申し込みがあったのですが、テレビ局も接触を極力減らしていますので、活動状況の動画を母が撮って、インタビューもネット経由でビデオ通話でとの依頼が!

待って!うちの母は後期高齢者ですよ!

なんとかスマホで動画は撮影したものの、大容量の動画ファイルの送り方がわからん!とヘルプ依頼がきました。

我が家と実家は頑張れば歩いて移動できる距離なので、とりあえず歩いて行って、母のスマホのファイルをGoogle Documentにアップして、URLをテレビ局の方に送って…と動画の送信は無事終了。

インタビューもビデオ通話

その後はビデオインタビューです。テレビ局の方が送ってきたメールを見るとMicrosoft Teamsのリンクで、自分自身テレワーク中に会社でいつも使っているので、これに関しては問題なかったものの、インタビューが始まる前に、アプリの設定をしたり、カメラやマイクのチェックをしたりと手取り足取り、私、頑張りましたよ。

実家の母のサポート用にTeamsを活用

それで、せっかく母のPCにTeamsを入れたことだし、実家との連絡に使うことにしました。ちょいちょい、PCがおかしいとか、こんなメール来たけど大丈夫?なんて連絡が普段からあるので、サポートに使えるかなぁ?と思いまして。

会社PCとは別に個人のPCにTeamsを入れて、初期設定をして母をメンバーに加えて…とここまでやっておいて帰りました。

詳しい操作方法は今度行ったときに説明すればいいや、とのんびりしてたら、今日さっそくヘルプの依頼が!スマホで話しながらビデオ通話するというカオスな状態でしたが、とりあえず初めての家族間ビデオ通話&リモート操作に成功しました。

これでちょっとしたトラブルの時に便利になるわぁ。文明の利器ってすてき!と思ったのでした。

まとめ

母は今までも何度かテレビ、新聞等の取材やラジオ出演もこなした猛者ですが、さすがに今回のような全部自分でパターンは初めてだったので、なかなか大変でした。すでにビデオ通話に関してはマスターしたようで楽しんでましたので、また一つ良い経験になったなぁと思います。

しかし、テレビ局の方は母の年齢をご存じだったはずですが、なかなかの無茶ぶりです。自分のような中年世代は逃げきれないと思うので、テクノロジーの流れに置いて行かれないようにまだまだ踏ん張らねば。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク