毛染めの窓口は早い・安い!カラーリングが便利

年々増える白髪。頻繁に美容室に行くにはお金も暇もないので、自宅染めを頻繁にしてますが、自宅染めだって結構時間がかかるし準備や後片付けが面倒。部屋を汚しちゃったりもするし…

ちなみに自宅染めにはサイオスのオレオクリームを使ってます。クリームタイプで量が調整できるので経済的。髪もあまり痛まないようだし、塗るときに飛び散りにくいのもお気に入りです。

でも、ずっと自宅染めだと実は後ろの方とかムラになってるんじゃないかとか、染め残しがあるんじゃないかと心配になってくるんですが、今髪を伸ばしてるんであまり美容室に行かないのでどうしようかなかぁと思っていたところ、友人が毛染め専門店に行ってきて、なかなかよかったというので行ってみました。

毛染め専門店毛染めの窓口に行ってみました

行ってきたのは毛染めの窓口という毛染めの専門店です。最寄り駅の近くやよく行くショッピングモールにお店があって、前から気にはなっていたんですが、友人に初回割引チケットもらったので試してみることにしました。

Link 毛染めの窓口

予約はネット・電話・店頭でできます

完全予約制なので事前にネットか電話で予約が必要ですが、お店の前にその場で予約が取れるタッチパネルの予約があるので、その場で空き状況を見て予約も可能です。

毛染めの窓口予約機

その場で予約票が発行されるのでネット環境がなくても予約できるし、通りがかりで空いてたら即予約できるので便利。また、スマホやPCから予約するときに会員登録が必要ないのでサクッと予約できるも良いです。

入店後はまず精算

お店に入ったら受付をして最初に券売機で精算です。

  • 部分染め 1,080円
  • 根元染め 2,440円
  • 全体染め 2,920円 ※価格は変更になる場合もあるので各店舗で確認してください。

券売機は1,000円札と硬貨しか使えないので必ず千円札を持って行かないといけないです。普段キャッシュレスで生活している自分にはちょっとプレッシャーです。

カラーリングの手順は普段のサロンと同じ

そのあとは手荷物をロッカーに預けて、担当者と色の打ち合わせです。カラーチャートから自分で選ぶこともできるし、美容師さんに相談して決めることもできます。また、事前に申し込んでおくとパッチテストのキットを送ってくれるそうなので、アレルギー等が心配な方は試しておいた方が安心です。

客層は割といろいろ

店内を見渡した感じでは、おそらく白髪染めの方が多そうな感じでしたが、もちろん白髪染めでない普通のカラーリングもできるので若いお客様もいました。私の言ったお店は隣に男性専用サロンがあるので全員女性のお客さんでしたが別の女性専用というわけでは無いようです。

毛染めの手順に関しては普通の美容院と全く同じ感じですが、シャンプーは自動シャンプーしてから手洗いです。でも最初に行ったときは全部手洗いでした。店舗の込み具合によってはその辺は違うこともあるかも。

友達に聞いて自動シャンプーってどんな感じかと思ってちょっと楽しみにしてたんで、ちょっと残念でしたが、次に行ったときは自動シャンプーが体験できて満足。時間的には自動シャンプーの方がかかるかも?いずれにせよきっちりと洗ってもらえるので心配はないです。

仕上げのブローはセルフ

そして最後の仕上げはセルフブローなので自分で髪を乾かします。ブロー用のカウンターには一人ずつドライヤーとコーム、アウトバストリートメント、コットン、クレンジング、タオルなんかが置いてあるので必要なものを自由に使えます。

くるくるドライヤーやヘアアイロンなんかも貸してくれるので本格的にセットもできるし、美容師さんによるとマイアイロンを持ってくる人もいるとか。ムースやワックスなんかも持ち込めば家と同じようにスタイリングもできます。

私はといえば面倒なので適当に乾かしてとっとと帰ります。美容院だと時間をかけてきれいにセットしてくれるのはいいですが、そのあと用事がない時はそんなことはいいから早く終わらせてほし時が多いので、個人的には助かります。

なんといっても早く帰れるのが魅力

お店に入ってから1時間弱くらいで全部終わるので家でカラーリングするより時間がかからないし、プロがしっかり染めてくれるので大満足です。仕上がりも髪がゴワゴワせず柔らかく仕上がるのでいい感じです。

まとめ

髪型を変えて色も変えたいなーなんてときはもちろんいつもの美容室で相互的に判断して染めてもらいたいんですが、それ以外の時は、お手頃価格で時短、プロに染めてもらえるので家の近くや会社帰りなどに立ち寄れる場所にあればむっちゃおすすめです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク